専門学校大研究


専門学校とは??

専門学校とは、専門課程を置く専修学校だけが称することが出来る呼称です。高等課程や一般課程を置く専修学校であっても、専門課程を置いていなければ「専門学校」と称することは出来ません。

では、専門学校とはいったいどんな学校なのでしょうか? 多くの人は、専門学校のことを単に「ある特定の分野について専門的で実践的なことを勉強する学校」と思っているのではないでしょうか。たとえば、ゲームのことを勉強するところならすべてゲーム専門学校、ビジネスのことを勉強するところはすべてビジネス専門学校と思っている人も多いようです。
専門学校が「ある特定の分野について専門的で実践的なことを勉強する学校」だという考えはあながち間違いではありませんが、正確ではありません。

ビジネス学校などの中には、法律的にはいわゆる塾やカルチャースクールと同じ扱いで、営利を目的とした企業になるところもあります。一方、正規の専門学校は「学校教育法」に基づいた、教育を目的とした学校法人になります。

 

専修学校って??

専修学校(specialized training college)とは学校教育法の第1条に掲げる学校以外で、一定の基準を満たす日本の教育施設です。専修学校は、職業もしくは実際生活に必要な能力を育成し、または教養の向上を図ることを目的として組織的な教育を行う学校で、1976年(昭和51年)に制度としてスタートしました。制度発足に伴い、各種学校で設置基準を満たすものが専修学校に転換しました。

専修学校には、高校課程、専門課程、一般課程のいずれかまたは複数がおかれます。専修学校には、他の法律 に特別の規定がある大学校や、短期大学校などの施設、日本に居住する外国人を専ら対象とする外国人学校(ナショナル・スクール)などの施設は含まれません。

個別の校名には「専修学校」・「専門学校」・「高等専修学校」などが使われることが多いです。このうち、専門学校の名称は、専門課程を置く専修学校に対して、高等専修学校の名称は、高等課程を置く専修学校に対してのみ認められている(学校教育法第126条)。ただし、上記の名称が使われずに「○○学院」などの校名である場合もあり、この場合、校名だけで各種学校や無認可校と区別することはできません。高校課程のみを置く専修学校は少なく、高等課程の上級課程として専門課程も置かれている専修学校が多く、専門課程進学に対し、高等課程修了者を優遇する専修学校も少なくありません。

少子化による大学全入時代の到来以前は、企業実務に直結しない大学教育に飽き足らず、専門学校にも在籍する所謂「ダブルスクール」の大学生も多かったが、大学全入時代の到来以後、私立大学が生き残りのために職業教育に力を入れるようになったため、専修学校は学生集めに苦労し始めたと言われています。

専修学校制度とは

専修学校の、大きな特徴の一つは、幅広い就学年齢があげられます。
入学資格の違いによって「高等課程(中卒者対象)」「専門課程(高卒以上対象)」「一般課程(入学資格規定なし)」の3つの課程に分けられています。

高等課程(高等専修学校)

中学校卒業程度の者を対象。

中学校教育を基礎に、座学と実習をバランスよく配しながら、職業人・教養人としての教育を行います。
3年以上の高等課程のうち、文部科学大臣が指定する授業時数、履修科目等の要件を満たす課程を修了した場合、高等学校卒業者と同様に大学入学資格が与えられます。

専門課程(専門学校)

高等学校卒業程度の者を対象。
専修学校全体の約8割を占めます。

高等学校教育を基礎に、より高度な専門的技術・技能の修得を目指した教育を行います。
なお、以下の要件を満たしている学校(学科ごとに指定)を卒業すれば、文部科学大臣告示により「専門士」の公的称号が付与されます。

1:修業年限2年以上
2: 課程の修了に必要な総授業時数が1700時間以上
3:試験等により成績評価を行い、その評価に基づいて課程修了の認定を行っている

1999(平成11)年4月から以下の要件を満たす専門課程の修了者は、大学に編入学できる事となっています(大学入学資格を有する者に限ります)。

1:修業年限2年以上
2:課程の修了に必要な総授業時数が1700時間以上

一般課程

特に入学資格を定めない。

専修学校のうち、高等課程、専門課程以外の教育を行っているのが一般課程です。
誰でも自由に専門的な知識・技術を学べます。今後の生涯学習社会へ向けて、さらに期待が高まっています。

専門学校に関するQ&A-Yahoo!知恵袋

Favorite

新宿で全身脱毛

最終更新日:2017/6/12

Copyright c 2008 専門学校大研究 All Rights Reserved.